記事数: 59

属人区長のメッセージ(2022年8月12日)

8月15日に捧げられる、聖マリアのいとも甘美な御心へのオプス・デイの奉献を更新するにあたり、フェルナンド師は、喜び希望の内に日々の忠実を生きることで、聖性と使徒職への望みを生きいきと保つよう呼びかけます。

書簡とメッセージ

オカリス師のポーランド訪問の思い出:希望のメッセージ

フェルナンド・オカリス師は、6月21日から27日までポーランドを訪れました。この映像では、当時の思い出をご紹介します。

オプス・デイ属人区長から

属人区長の手紙:自発教令『Ad charisma tuendum』について。

オプス・デイ属人区長、フェルナンド・オカリス師は、フランシスコ教皇の自発教令『Ad charisma tuendum(カリスマを守るために)』について書簡を発表しました。

オプス・デイ属人区長から

属人区長のメッセージ(2022年6月14日)

「家庭年」の閉幕にあたり、オプス・デイ属人区長、フェルナンド・オカリス神父は、家庭が教会と社会にとって大切なものであることを考察します。

書簡とメッセージ

属人区長のメッセージ(2022年5月24日)

オプス・デイ属人区長、フェルナンド・オカリス神父は、この世の喜びや苦しみを自分のことととして受けとめ、この5月には、聖母の特別の仲介に馳せ寄るように招きます。

書簡とメッセージ

「平和を与えるには平和を持たなければならないが、キリストはそれを与えてくださる」

フェルナンド・オカリス師は、聖週間にローマで行われたUNIV(国際学生大会)に参加した2400人の若者たちと様々な集いをもちました。平和、貧困、婚約期間、独身、友情、など、彼らの言葉に耳を傾け、様々な質問に答えてました。(まとめのビデオ)

オプス・デイ属人区長から

属人区長のメッセージ(2022年1月18日)

1月18日から25日にかけて、全教会はキリスト教一致のために祈ります。オプス・デイ属人区長は、そのための祈りを呼びかけます。

書簡とメッセージ

オプス・デイの属人区長からのクリスマスのご挨拶(2021年)

オプス・デイの 属人区長 、フェルナンド・オカリス師は、2021年のクリスマスの挨拶をします。「幼子を見ること、信仰の目で神の愛を見ること、(...)その瞬間に神が愛情を込めて私たちを見ていることを知っていること」です。

オプス・デイ属人区長から

属人区長のメッセージ(2021年12月15日)

オプス・デイの属人区長は、降誕祭にあたり、イエスの誕生の喜びを最も助けを必要としている人々、私たちの周りにいる人々に伝えるよう招きます。

書簡とメッセージ

属人区長のメッセージ(2021年11月25日)

オプス・デイ属人区長は、死という現実を、神の愛を信頼し、聖母に馳せ寄り、希望を持って生きるよう招きます。

書簡とメッセージ