あなたは何を求めていますか?

証言
あなたは何を求めていますか?

マチルダは思春期には、神の存在を疑問に思いましたが、クラクフのワールドユースデーの後、信仰を再発見しました。(2分のビデオ)

2018年7~8月の属人区長の司牧的な旅

home
2018年7~8月の属人区長の司牧的な旅

フェルナンド・オカリス師は、属人区の信者とその友人たちに会うため、スペイン、ナイジェリア、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイを訪問します。以下が、この司牧旅行の予定です。

UNIV-2018 写真集

他のニュース
UNIV-2018 写真集

聖ホセマリアの後押しによって始まったUNIVの参加者の多くはすでにローマに到着し、聖ピエトロ広場の枝の主日のミサに参加しました。 「若者、信仰そして召命の識別」のテーマで行われる世界代表司教会議の準備のための会議は閉会しました。

属人区長の書簡

属人区長のメッセージ(2018年8月6日)

オプス・デイ属人区長、フェルナンド・オカリス神父は、主の変容の祝日にあたり、次のメッセージを発表しました。

旅行中のここ数ヶ月、主への感謝に満たされています。様々な場所において、キリストの教えと聖性への呼びかけが多くの人々に届くために、私の娘たち、息子たちが、種々の活動を推し進めていることを目の当たりにしているからです。大きなプロジェクトもあれば、小さな活動もありますが、いずれの活動も、奉仕の精神にもとづき、人々と誠実な友情で関わる機会となっています。あらゆる場所の多様な活動に、同じ精神を目にすることはとても麗しいことです。

また、それらの使徒職的な様々な活動が、他の諸団体と協力しながら、多くの国々の様々な分野における、人類社会の発展に貢献していることも、喜びと神への感謝の理由となっています。

皆さんのための私の祈りにこれらも一致して祈ってください。

  フェルナンド

ブエノスアイレス、2018年8月6日、

主の変容の祝日


PDF式リンク