教皇フランシスコの2021年度復活祭メッセージ

教皇様から
教皇フランシスコの2021年度復活祭メッセージ

トリック教会の典礼暦は、4月4日(日)、2021年度の復活祭を迎えた。 教皇フランシスコは、同日午前、「復活の主日」の日中のミサを聖ペトロ大聖堂の司教座の祭壇で司式された。正午には、教皇は同大聖堂から、復活祭メッセージと、ローマと全世界に向けた教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられた。(VATICAN NEWSから)

聖ホセマリアの生涯ー6

聖ホセマリアの生涯ー6

​1927年4月、聖ホセマリアはスペインの首都マドリードに到着しました。そこでの最初の仕事はサン・ミゲル教会の手伝いでした。病人援護会の担当司祭となったので、11月に援護会の教会近くのアパートに引っ越しました。そうして、サラゴサから家族を呼び一緒に生活を始めました。

私たちは誰でも聖人になれる:聖ホセマリアのアニメ伝記

home

聖ホセマリア・エスクリバー(1902-1975)の生涯をまとめたアニメーション・クリップ。著者のフアン・ジュヴァンチッチは、アルゼンチン出身ながらスロベニア在住のアーティスト、デザイナーです。彼はまた、祝福されたグアダルーペ・オルティス・デ・ランダズリの生涯についてのアニメーションビデオも制作しています。

2021年度「復活の主日」の日中のミサと教皇祝福

教皇様から

カトリック教会の典礼暦で2021年度の復活祭を迎えた、4月4日(日)、教皇フランシスコは、午前「復活の主日」の日中のミサを聖ペトロ大聖堂の司教座の祭壇で司式。続いて、正午、復活祭メッセージを述べた教皇は、ローマと全世界に向け、教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられた。(VATICAN NEWSから)

ポルトガルにおけるオプス・デイの75周年記念 – フェルナンド・オカリス師の言葉

オカリス者は、ポルトガルにおけるオプス・デイの使徒職が始まって75周年にあたり、神に感謝するよう招き、その日にファティマで捧げられるロザリオの祈りに特別に一致すると述べています。1945年2月上旬のある日、シスター・ルチアはスペインのトゥイで聖ホマリアに出会い、ファティマとポルトガルを訪れるよう説得しました。こうして聖ホセマリアは同月の5日に初めてファティマを訪れました。1年後の1946年2月5日、創立者の派遣で薬剤師であったフランシスコ・マルティネスがポルトガルに到着。ポルトガルでのオプス・デイの活動が始まりでした。

レバノン、ベネズエラとの連帯

社会活動
レバノン、ベネズエラとの連帯

レバノンとベネズエラがこの時期に経験している困難な状況は、コロナ感染症の拡大によりより悪化しています。本サイトには、彼らへの支援の方法について問い合わせが寄せられています。

属人区長の書簡

属人区長のメッセージ(2021年4月11日

キリストは復活されました。また、神は、多くの喜びの源となる出来事を与えてくださいます。この復活節を喜びのうちに過ごすよう属人区長は招きます。

愛する皆さんへ。イエスが私の子どもたちを守ってくださいますように!

この復活節には、私たちの喜びの大きな理由を祝っています。キリストは復活されました!その上、身近な人に愛され、理解されていることを感じることや、家族の祝い、仕事のやりがい、困難の中でも成功している親戚の存在など、一人ひとりが喜びを感じる理由が、ほかにもあることでしょう。大小様々なこれらすべての現実には、あまりにもしばしば、限界や人間的苦しみが混ざっているとしても、これらは神からのたまものであり、私たちが行う良いことや私たちに起こる良いことにおいても、復活したキリストが私たちのすぐそばにおられることを示しています。

私たちの心に悲しみが忍び寄って来るような時にも、それらのことを感謝のうちに思い出しましょう。私たちにとって喜びの源である聖母は、私たちが喜んでいることが出来るように、また、聖ホセマリアが望んだように、「平和と喜びの種をまき人」になれるように助けてくださるでしょう。

心から愛情を込めて、皆さんを祝福します。

あなたがたのパドレ

フェルナンド


ローマ、2021年4月11日

ニュースレター