グアダルーペの取次による奇跡の承認を受けて、属人区長の手紙

2018年6月9日。グアダルーペ・オルティス・デ・ランダスリの取次による奇跡は教皇フランシスコによって昨年承認されました。その日、フェルナンド・オカリス師は、この手紙をオプス・デイのメンバーに送りました。

属人区長の書簡
Opus Dei - グアダルーペの取次による奇跡の承認を受けて、属人区長の手紙

ローマ、2018年6月9日

愛する皆さんへ。イエスが私の子どもたちを守ってくださいますように。

今朝、聖母のみ心の記念日に、フランシスコ教皇が尊者・神の僕グアダルーペ・オルティス・デ・ランダースリの取り次ぎによる奇跡的治癒に関する教令の公布を決定されたと聖座が発表しました。

主である神と私たちの母である聖マリアに、教皇のこの決定を感謝しましょう。この私たちの姉妹が列福される道が開かれたのです。教会がすでに公表しているように、「彼女は喜びの内に、神と教会への奉仕のために、自らのすべてを捧げ、たえず神の愛を体験しながら生きていた」のです。

グアダルーペは、化学の研究職、様々な教育機関での教授職、センターの管理部の仕事、学生寮の指導など、自己の職務のすべてをキリストとの出会いの場に変えていきました。日々の生活や使徒職、また、最も恵まれない人々の生活を向上させるための熱意において神の恩恵に応えることで、彼女の聖性は培われていきました。

私たちがこの世界の中で、聖性と使徒職への召命に、喜びと忠実をもって生きる恵みを、グアダルーペの取り次ぎによって祈り求めましょう。

心から愛情を込めて皆さんを祝福します

あなたがたのパドレ

フェルナンド


PDF式日本語ダウンロード  /  PDF式スペイン語ダウンロード