記事数: 43

5月12日:福者アルバロの前に祈るためのウェブカメラ

この5月12日、福者アルバロ・デル・ポルティリョの祝日が祝われます。その日の午後6時から8時まで(日本時間13日午前1時~3時)、福者の遺体が安置されているオプス・デイ属人区教会、平和の聖マリア教会の地下礼拝堂がネット中継されます。

アルバロ・デル・ポルティーリョ

「神を愛する人にとって、子としての身分と友情とは分かつことのできない現実です」

聖ホセマリアの説教集『神の朋友』の紹介文の中で、福者アルバロは本書のタイトルとなった「友情」について説明しています。

資料

アルバロ・デル・ポルティーリョ司教。隣人のために働く。

アルバロ・デル・ポルティーリョとラテンアメリカにおける社会事業推進のドキュメンタリー。

資料

福者アルバロの生涯(2)

9月27日の福者アルバロ・デル・ポルティーリョの列福記念日にあたり、福者の伝記から青年期時代のエピソードを紹介します。

アルバロ・デル・ポルティーリョ

ドン・アルバロの列福式が行われようとしていた頃、プールに落ちた子供の話

ドン・アルバロの列福式の数日前、列福式のためにマドリードに着いたばかりの子供に起こった出来事は、参列者の間で話題になりました。1歳のペルー人、フランシスコ・ビリャ・コルタは、プールに落ち生命の危険にさらされました。

アルバロ・デル・ポルティーリョ

福者アルバロの生涯(1)

5月12日の福者アルバロ・デル・ポルティーリョの記念日を迎えるにあたり、福者の伝記から子ども時代のエピソードを紹介します。

アルバロ・デル・ポルティーリョ

福者アルバロと神のいつくしみ

「ゆるすとはすぐれたこと、まことに父親らしいことです」福者アルバロは慈しみ深い神について語りました。福者アルバロの記念日(5月12日)にあたり、次のビデオを紹介します(1分42秒)

資料

福者アルバロ・デル・ポルティーリョの著作から

諸徳に関する教令は、Vir fidelis multum laudabitur(忠実な人は多くの祝福を受ける)(箴言28,20)という聖書の言葉をアルバロ・デル・ポルティーリョ司教に当てはめています。事実、ドン・アルバロは、神と教会、オプス・デイへの忠実を貫き、人々への奉仕で一生を送りました。それは特に、1975年6月26日の聖ホセマリアの帰天後、最初の後継者としてオプス・デイを率いることになってから顕著になりました。19年の統治の間、創立者の教えを広め根付かせることに努めました。これから紹介するドン・アルバロの種々の著作からの抜粋は、聖性へ普遍的招き、キリストを知り、キリストに一致する道、社会生活の中での信仰の喜びと愛徳の力を思い起こさせます。

資料

福者アルバロの祈りのカード

福者アルバロの取り次ぎによって神に恵みを願うの祈り

アルバロ・デル・ポルティーリョ

5月12日、福者アルバロの日

初めて、福者アルバロの日に迎えます(5月12日)。列福式と感謝ミサ(マドリードとローマ)のハイライトビデオ(36分)

資料