記事数: 7

モンツェについての資料

モンツェ・グラセススの生涯についての本

モンツェ・グラセス

ドキュメンタリー:モンセ・グラセス

モンセ・グラセスは、オプス・デイに、自分の喜び、若さ、そして病気を神に捧げるためのキリスト教的な道を見出し、それを模範的に実践しました。(44'06''のビデオ。日本語字幕を設定してください)。

モンツェ・グラセス

モンツェ・グラセスが尊者に!(『英雄的諸徳に関する教令』が発布されました)

教皇フランシスコは4月26日の午後、12人の列聖調査に関する教令の公表を認可された。それにはオプス・デイの若者モンツェ・グラセス(1941-1959)の英雄的諸徳に関する教令も含まれている。

モンツェ・グラセス

生涯

モンツェ・グラセスは、1941年7月10日、バルセロナ(スペイン)の信心深い家庭に生まれました。両親は、素朴な信心と自由を愛する雰囲気の中で、9人の子どもたちを育てました。

モンツェ・グラセス

列福列聖調査の情報

1962年12月19日、モンツェの帰天後4年が経過して、バルセロナにおいて列福調査に関する作業が始まりました。この作業は、ちょうど帰天9年目にあたる、1968年3月26日に終了しました。

モンツェ・グラセス

モンツェの取り次ぎを願う祈り

私的信心の祈り。

モンツェ・グラセス

モンツェの取り次ぎによるめぐみ

聖性の誉れのある人物に特別の恵みの仲介を願う信心は、教会において常に行われてきました。属人区オプス・デイの列福列聖請願事務局に届いた報告の中から、その一部を紹介します。

モンツェ・グラセス