記事数: 43

苦痛と病気

「十字架への召し出し」と、ドン・アルバロは、人生において出遭う苦しみを呼びました。(1分12秒)

資料

自由への愛

シドニーにおいて、ドン・アルバロは自由の偉大な価値について語りました(1分3秒)

資料

すべてのことの背後に神の手を見る

1989年、ドン・アルバロはケニアへの旅行の際に同国の習慣に言及して、すべての物事の後ろに神の働きを見いだすように勧めました。(46秒)

資料

ドンアルバロについての証言

話し手−カミッロ・ルイニ枢機卿(ローマ教区教皇代理1991年〜2008年)、マザーアントニア・ マリア(イエスの聖心の聖マリア女子会)、エリサベット・マリア・ヴァド・シュタイン(スウェーデンのオルガニスト)等。

資料

<ビデオ> 聖母マリアへの信心

「イエスはご自身の母の頼みを拒むことができません」とドン・アルバロはボストンで行われた集いで語りました。聖母マリアへの信心についてのビデオ(1分11秒)

資料

SAXUM. アルバロ・デル・ポルティーリョ

資料

アルバロ・デル・ポルティーリョ師列福式、今年9月27日、マドリードで

マドリードでの列福式と主な行事、ローマでの関連行事プログラム

アルバロ・デル・ポルティーリョ

ドン・アルバロの取次による奇跡:ホセ・イグナシオの回復

2003年8月2日に、幼児ホセ・イグナシオ・ウレタ・ウィルソンが30分間以上にわたる心臓停止から回復した症例を、教皇庁はドン・アルバロの取次に帰せられる奇跡として承認した。

資料

ドンアルバロについての証言

話し手−カミッロ・ルイニ枢機卿(ローマ教区教皇代理1991年〜2008年)、マザーアントニア・ マリア(イエスの聖心の聖マリア女子会)、エリサベット・マリア・ヴァド・シュタイン(スウェーデンのオルガニスト)等。

資料

生涯

アルバロ・デル・ポルティーリョは、1914年3月11日にマドリッド(スペイン)に、キリスト教信仰が深く根付いた家庭の8人兄弟の3番目の子として生まれた。彼は、土木工学、哲学、法学において博士号を取得した。

生涯とエピソード