記事数: 21

教皇「聖母月に、家でロザリオの祈りを」信者に宛てた書簡で

教皇フランシスコは、五月の「聖母月」を前に、すべての信者に宛て、ロザリオの祈りを奨励する書簡をおくられた。教皇フランシスコは、間もなく訪れる五月の「聖母月」に、家でロザリオの祈りの素晴らしさを再発見するよう、すべての信者に向けて書簡をおくられた。また、教皇は、信者たちの祈りを助けるために、二つの祈りをこれに添えられた。教皇の書簡、および教皇による二つの祈りは以下のとおり。

教皇様から

「主よ、嵐の中にわたしたちを見捨てないでください」教皇による黙想

教皇フランシスコは、パンデミックの収束を祈ると共に、怖れから解放し希望を与える信仰の力を強調された。 教皇フランシスコは、3月27日(金)夕、バチカンでパンデミックの収束を祈り、聖体降福式をもってローマと世界に向けた教皇祝福「ウルビ・エト・オルビ」を与えられた。この祈りにおいて教皇は、朗読されたマルコ福音書(4,35-41)から、イエスが突風を静めるエピソードを、以下のように黙想された。

教皇様から

教皇フランシスコ、祈りの時を主宰

教皇フランシスコは、3月27日の18時(日本時間28日午前2時)、聖ペトロ大聖堂の前庭で祈りの時を主宰することを表明しました。また、インターネットの動画配信によって、この祈りに霊的に参加するよう呼びかけています。

教皇様から

教皇フランシスコ:世界のために祈りましょう

教皇フランシスコは、ビデオを通し、パンデミック危機の下にある世界のために共に祈ろうと呼びかけています。

教皇様から

人類の兄弟愛。教皇フランシスコのビデオメッセージ。

教皇フランシスコのビデオメッセージ。2020年2月4日、教皇フランシスコは人類の兄弟愛に関する共同宣言文書署名から一年を迎え、ビデオを通しメッセージを発表した。

教皇様から

​フランシスコ教皇との謁見:「初代のキリスト者たちの模範に倣って従ください」

フランシスコ教皇は、1月30日、午前11時45分、オプス・デイ属人区長フェルナンド・オカリス師、総代理マリアノ・ファッツィオ師の訪問を受けられた。

教皇様から

NHK NEWS WEB、フラシスコ教皇の訪日特集

フランシスコ教皇の来日に向けて、NHK NEWS WEBに特集のページが開設されました。下のリンク(NHK NEWS WEB)をクリックしてご覧ください。

教皇様から

教皇様:「核兵器のない世界と包括的軍縮への展望」

2017年11月10日、教皇庁クレメンス・ホールにおける、教皇庁主催の国際シンポジウム「核兵器のない世界と包括的軍縮の展望」の参加者との謁見での教皇様の挨拶を紹介します。

教皇様から

長崎のテレビ局KTNがフランシスコ教皇に単独インタビューしました。

「11月に来日される教皇フランシスコとの KTN(テレビ長崎)による単独インタビューをご紹介します。教皇訪日に向けて祈りましょう」

教皇様から

アフリカの諺にこうあります「一人の子供を教育するには村全体が必要だ」

このビデオメッセージの中で、教皇様は子供の教育は皆の務めと訴えます(2分54秒)

教皇様から