フェルナンド・オカリスの生涯
オプス・デイ属人区長フェルナンド・オカリス

属人区長の書簡

属人区長の書簡(2018年6月8日)

オプス・デイが提供する形成は、若者たちにも向けられています。それは、「彼ら若者たちが、今、そして、生涯にわたって、家庭や職業において、また、人間の広大な生活のあらゆる分野において、キリスト教的パン種となるためなのです

日本語PDF ---- English PDF --- Español PDF


愛する皆さんへ。イエスが私の子どもたちを守ってくださいますように。

若者と召命の識別についての世界代表司教会議(シノドス)を間近に控え、この手紙を皆さんに届けようと思いました。それは、聖ラファエル職に新しい心で献身するよう皆さんに呼びかけたいからです。皆にとって、聖ラファエル職は、聖ホセマリアの表現によれば、「目に入れても痛くないほどかわいいもの」だからです。若者のキリスト教的形成は、今もこれからも、教会にとっても、またオプス・デイにとっても、使徒職における優先課題です。

「Ite et vos in vineam meam. あなたたちも私のぶどう園に行きなさい」。ぶどう園の労働者のたとえ(マタイ20,4参照)の中で語られたイエスのこの言葉を、創立者のパドレは、『聖ラファエル職についての指針』の前書きとして記されました。主が創立者に託され、今は創立者の子どもである私たち一人ひとりの手の中に託されているぶどう園で働くために、私たちは送られているのですから、イエスのその言葉は私たちにも向けられていることを認めましょう。

この使徒職の直接の目的として、出来る限り多くの若者たちに形成を与えることを私たちは望んでいます。それは、若者たちが自由と責任感をもって個人的にオプス・デイの精神に与り、今、そして、生涯にわたって、家庭や職業において、また、この世界の中で、人間の広大な生活のあらゆる分野において、キリスト教的パン種となるためなのです。また、この使徒職のもう一つの帰結として、主はお望みの人々(マルコ3,13参照)をオプス・デイに所属するようお呼びになることでしょう。

また、聖ラファエル職に参加する若者たち自身の使徒職活動によって、全教会との一致のうちに、「イエスに出会う人々の心と生活全体を満たす」1福音の喜びの種まき人となることを私たちは望んでいます。

この若者たちが選ばれた人々であるということは、他の人たちに関心を向けないということではありません ...